中国国際航空(エアチャイナ)に乗り北京でトランジットホテルを利用し北京市内へ

北京の街 中国の旅
スポンサーリンク

軽井沢を出発して北京経由でチェンマイそしてメーサロン(美斯樂)を目指す旅日記です。
前回までの旅日記↓

チェンマイへは中国国際航空で決まり!

ここで、中国国際航空の “羽田→チェンマイ” 行きがとてもよかったのでお話します。

日本からバンコクへの便は数多くありますが、チェンマイへは直行便がないのでバンコクに着いてから飛行機か鉄道かバスを使わなければなりません。行き方を色々比較するのも旅の前の楽しいものですね。いやいや、そんな時間はありまへん。年末に向けてチケットが高くなるので即刻決めなくてはなりませんでした。

LCCを利用しバンコクへ直行、国内線に乗り換えてチェンマイまたはチェンライへ行く方法があります。しかし預け荷物は 往復それぞれ別料金で食事も有料です。

» 中国国際航空(エアチャイナ)

以前、中国国際航空で北京経由してバンコクへ行ったことがあり、お値段もとてもリーズナブルだったので、調べてみるとチェンマイ行きがあるではないですか。 しかも中国国際航空のサービスとして、真夜中に北京空港を到着する時に、乗り継ぎのホテル利用ができる!
迷わず速攻でチケット予約して宿泊サービスも同時に申し込み~。トランジットホテルが色々と出てきましたが、実際申し込むと選べるわけではなくチケットのランクによって自動で振り分けられるようでした。
それにしても真夜中に北京に着いてホテルに無料で泊まらしてくれるなんて、旅行者にはいいサービスです。

ANAカード」を持っていたのでマイレージもゲット

さらに嬉しいことに、スターアライアンスに加盟した航空会社のマイレージがたまります。ANAが加盟航空会社だったので予約時に「ANAカード」の番号を登録してマイレージもゲットしました!

中国国際航空でタイ(チェンマイ)へ行くメリットをまとめました

チケットがリーズナブル
マイレージがたまる(スターアライアンス加盟航空会社)
機内食アリ
預け荷物1つ23キロまで無料(荷物はチェンマイまで)
トランジットホテルが無料で泊まれる
トランジットで無料でラウンジが使える
北京観光ができる

逆にデメリットとしては…

遅延がよくあるらしい
便によってトランジットの時間が長いことがある
トランジットでのセキュリティチェックが煩わしい

時間に余裕があって、北京もちょっと観光したい方には超おススメな中国国際航空でした。

» 航空券をExpediaでチェックする

» 航空券をエアトリでチェックする

北京空港に到着

羽田で出発までに時間がかかっていたようで北京には遅れて着きました。夜中についたので人は少なかったですが、北京空港は規模が大きいので移動も大変です。トランジットで空港を出るので中国への入国が必要になります。入国時には顔写真を撮られたような気がします、そして先に両親指、そして残りの両手の指すべての指紋を登録するようになっていました。いや~セキュリティ厳しくなりましたね。

入国手続きをしてやっと外に出ました。到着出口を出ると、出てきた向かいに中国国際航空のサービスカウンターを見つけました。

係の人にトランジットでのホテルを利用する旨を伝えると、カードをもらって呼ばれるまでここで待機するように言われました。

ここで数人待機していましたが、真夜中ですから眠いですよね。

15分ぐらい待ってから呼ばれたのは私たちと男性一人。係のお兄さんがミニバスまで案内してくれてバスに乗り込みました。お兄さん案内する時の歩く速度がめちゃくちゃ速い!着いていくのが必死でした。ミニバスに乗り込みホテルへ出発。

北京でトランジットホテルに泊る

バスに乗り込み10分ぐらいでホテル (北京空港奥竺賓館 )に到着、服務員はテキパキと処理して無事チェックインすることができました。やはりここは北京ですね、ゆるさがなく仕事ちゃんとしています。時計を見るともうすぐ3時、さすがに夜中着はきついですがホテルにゆっくり泊まれるのはいいですね。

ホテルのエレベーターの廊下、雰囲気的にちょっとオールドファッションですが、小ギレイで清潔感はあります。

北京は寒く夜中はマイナス3度でしたが軽井沢に比べると当然ですが暖かいです。部屋は暖房があり暑いぐらいに設定されていました。ありがたいですね、寒いよりはいいです。壁紙の色がちょっとオールドファッションですが(笑)

部屋にはWifiもあるのでネットにもつながりました。
ここでショックなことが…ここは中国、Google使えましぇ~ん。Google 頼りなIT環境だったら困りますね。もちろんFacebookもtwitterもYouTubeも使えましぇ~ん。

気を取り直して部屋をチェック。 ちょっと学生寮のようなベットですが、シーツもとても清潔でした。

奥にあるトイレはとても広くて清潔でした。ただシャワーを浴びると便座までビシャビシャになるので注意が必要でした。

北京のホテル

ホテルに着く前にコンビニが見えたので、買い物に行くことにしました。コンビニは夜中でも開いていたのでよかったです。個人の小雑貨店でしたがけっこう何でも売っていますね。水筒にスーツケース、果物、まさにザ・コンビニのような感じです。

朝起きると意外と泊っている人が多く、なんと朝食も無料で食べられました。豪華までとはいきませんが温かい朝食でした。無料で利用できるトランジットホテルとしては十分でした。謝謝!

チェックアウトしてタクシーで北京市内へ

北京市内に出かけるため朝食をすませてすぐにチェックアウトしました。ホテルのフロントで空港までの送迎バスを利用するかどうかを聞かれましたが、ホテルへは戻らず空港へ直行するので送迎バスは使いませんでした。

北京市内へ出かけないなら、午後2時のチェックアウトまでホテルでゆっくりしてから送迎バスで空港まで送ってもらうのもいいですね。

7年ぶりに北京市内へ出かけます。ホテルのロケーションが少し不便なところだったのでタクシーを使うことにしました。
ホテルのフロントでタクシーをお願いしたら、配車アプリですぐに呼んでくれて3分もしないうちにタクシーが来てくれました。本当に便利になりましたね。

ちょうど通勤のラッシュアワーのためちょっと渋滞がありました。それにしても北京の街の規模はとても大きいですね、道もとっても広いです。車も高級車がバンバン走っています。

タクシー内からの動画準備中

にぎわっていたラーメン屋さんで昼食

ちょうどお昼だったので昼食をとることしました。外から見たらにぎわっていたので入ってみることに、注文して10分ぐら待ちました。

左:椒麻鶏10元、中央:炒拉麺26元、右:涼菜6元、合計42元。日本円で700円ぐらい

麺の量はとても多いですが、物価高くなりましたね。

北京の食堂で

左:椒麻鶏10元、中央:炒拉麺26元、右:涼菜6元

北京市内から空港へ

昼食を食べ終わったら、そろそろ空港へ戻らないといけない時間になりました。北京発は午後5時半の便だから3時ぐらいには空港についておきたいので、 1時ぐらいに空港へのリムジンバスに乗り空港へ戻りました。

空港からの移動に時間がかかるので、市内で動ける時間は限られていましたが、久しぶりに北京の街をブラブラ歩くことができました。

北京の街

大きなビルがいっぱい建っていますね。

北京の街

渋滞もなく無事北京空港へ戻りました。

北京空港

またエアチャイナに乗りチェンマイへ向かいます。

チェンマイ行き

↓旅日記の続きはこちら

Youtube【旅日記メーサロン】Ep1 中国北京でタクシーに乗って市内へ 

【旅日記メーサロン】 Vlog Ep1 中国北京でタクシーに乗って市内へ On Highway to Downtown Beijing