チェンライとチェンマイで街歩き

ワット・プラケオ タイの旅
スポンサーリンク

旅もそろそろ終わりに近づき最後は観光モードの旅日記となります。
前回までの旅日記↓

メーサロンを下山

新生旅館の前からメーチャン行きのソンテオに乗りました。ソンテオはお客さんをひろいながら走りますが、ちょうどチェックポイントに停車したところでお巡りさんに声をかけられて、何か悪いことしかたなーと思ったところ、なんと昨日道を聞いた時に親切に教えてくれた派出所のイケメン警察官でした。うれしくなって一緒に写真を撮りました(笑)。

青空と山の緑のコントラストがとてもキレイで、下山するのがもったいないくらい~。

メーチャンでローカルバスに乗り換え

新生旅館で知り合った香港人と映画「異域」の話をしながら、ソンテオにゆられること約1時間でメーチャンに到着、ローカルバスに乗り換えチェンライへ向かいます。さすがにローカルバスだけあって地元の日常って感じです。観光客はソンテオで相乗りした香港人とわたしたちだけでした。

途中チェックポイントで検問があり身分証を見せましたが我々のような外国人はスルーです。ところがラオスかビルマから来ている男性には厳し~くチェックしていました。

チェンライでしばし観光

約1時間でチェンライに着きました。とにかくチェンマイ行きの席がなければと思い、チェンライのバスターミナルに着いてすぐ翌日始発のチケットを購入しました。

北タイを目指す中継ポイントのチェンライですが、こじんまりとした小さな町でゆっくりとした時間が流れている感じです。観光モードでのんびりと2つの寺院を参拝してきました。

ワット・プラ・シン (Wat Phra Sing, Chiang Rai) วัดพระสิงห์ (จังหวัดเชียงราย)

14世紀に建てられた古い寺院で、装飾は金ぴかです。 チェンマイのワット・プラ・シンとは兄弟寺といわれています。

ワット・プラケオ(Wat Phra Kaew, Chiang Rai)วัดพระแก้ว เชียงราย

もともとこの寺院にあったエメラルド仏はバンコクの王宮内にあるワット・プラケオに納められ、1990年に故プミポン国王のお母様の90歳誕生日祝いとしてここチェンライに新たにエメラルド仏が納められました。仏様がとっても美しく、眩しいな~と思っていたら緑色にライトアップされていたんですね。地元の方も多く参拝に来ていました。

チェンライのホテルに泊まる【シンプルで清潔】

チェンライでは Hug House というホテルに泊まりました。少しバスターミナルから離れていますが、チェンライは小さな町なので歩いていけました。地図通りの場所に行ったら1階がバイク屋さんがあって、その横に門がありました。ドアベルらいしきものもなくただ小さなロッカーのようなものがありました。ひょっとしたら中に鍵があるのかな~と思っていたところ、一台の車が停まり中から身なりのいい老夫婦が降りてきました。すると門を開けてくれて部屋のキーも渡してくれました。

民泊のようなシステムですが一応ホテルでした。部屋は清潔で家具はIKEAで揃えていて若者好みです。自炊や洗濯もできるように最上階にはキッチンと洗濯機がありました。中長期の滞在でもよさそうですね。

チェンマイでしばし観光

グリーンバスに乗ってチェンマイへ戻ります、2等のバスでしたが1等と比べても乗り心地はさほど変わりませんでした。ミネラルウォーターのサービスがないぐらいでしょうか。 また4時間かけてチェンマイへ戻ってきました。

ワット・チェディー・ルアン (Wat Chedi Luang) วัดเจดีย์หลวง วรวิหาร

チェンマイで最も大きな仏塔です。1545年の大地震で仏塔が壊れて欠けたようになっていますがとても存在感があります。

チェンマイのオシャレ通り【ニマンヘミン通り】Nimmanhemin Road

ショッピングモール・ブティック・カフェなどが集まったオシャレな通りでとても賑わっていて、旧市街地の雰囲気とはまるで異なり新しさを感じます。中国語では尼曼路または寧曼路と呼ばれています。

こちらは「MAYA」というショッピングモール。ちょうどクリスマスのデコレーションをしていました。夜はライトアップされてキラキラしています。

「MAYA」の上階からの眺め。ステープ山がチェンマイの陽明山って感じですね。

そして、「MAYA」のすぐ近くに最近できた「One nimman (宁曼新天地)」というオシャレモールにも行ってみました。

いろんなショップが入りとても賑わっていました。店内もオシャレです。

番外編 チェンマイの市場

ぶらぶら歩いていると市場にたどり着きました。チェンマイの台所という感じでしょうか。生活用品全般なんでも売っています。

途中で雨が降ってきて雨宿りのために迷い込んだ市場(というか、サービスエリア)。中央には食事ができるテーブルがありその周りはフルーツやお土産を販売しています。すると、大型の観光バスが次から次へとやってきて中国人観光客が大勢降りてきました。雨にもかかわらず大賑わいでした。

チェンマイのホテルに泊まる【ターペー門から徒歩2分の好立地】

後半のチェンマイはアモーラ ホテル タパエ チェンマイ (チェンマイ)に泊りました。ターペー門近くのホテルでお部屋も広めでゆったりしていて心地いいです。上層階だと眺めもよく夜には飛行機の離着陸も見れます。ビュフェスタイルの朝食は豊富でおいしくおススメです。

チェンマイ→北京経由→羽田で日本へ

中国国際航空(エアチャイナ)に乗り北京経由で日本へ帰ります。羽田行きの飛行機を待っているところに透明のカラオケボックスがあり、こんな朝から誰がカラオケなんてすんねんっ!と思っていたら、中国人のお姉さんが入って一人カラオケをしだしました。4~5曲歌って時々リズムを取ってノリノリでした(笑)。

着陸に近づいてきた時に富士山が見えました。

全6回にわたる旅日記を綴ってまいりました。お付き合い頂きましてありがとうございました。また次回もレポートしたいと思いますお楽しみに~。謝謝、再見!